テレビ/映画

【100日後に死ぬワニ】電通案件でステマ?PRプランナー根本陽平が関係?

この記事は約5分で読めます。

『100日後に死ぬワニ』が、2020年3月20日に100日を迎え最終話が投稿されました。

ワニくんの最期に悲しむ人も多く見られましたが、さっそく書籍化、映画化、グッズ販売と展開が早すぎることに驚きを隠せません。

このことから「最初から電通と関わっていたのでは?」と炎上する騒ぎに…。

そこで今回は「【100日後に死ぬワニ】電通案件でステマ?PRプランナー根本陽平が関係?」と題して、『100日後に死ぬワニ』は電通案件でステマなのか、PRプランナー根本陽平さんとは誰なのか調べていきたいと思います。

【100日後に死ぬワニ】は電通案件だった?

『100日後に死ぬワニ』の最終話が投稿されて、しんみりしたムードの中、ツイッターには『100日後に死ぬワニ 公式』のアカウントが出現します。

そこには、『運営:株式会社ベイシカ』という記載がありますね。

株式会社ベイシカのホームページを見てみると会社概要欄の取引先一覧には『(株)電通東日本』と書かれていて、電通と関わりがあることが伺えます。

そして、いきものがかりとコラボしたムービーの概要欄にはPRプランナー 根本陽平となっていますね。

根本陽平さんが電通関係者という事から、『100日後に死ぬワニ』が電通と関わっていたという疑惑が出てきてきました。

ワニくんの100日目の話の後に、書籍化、映画化、多数のグッズが発売されると立て続けに発表した事もあり、裏では仕組まれていて電通案件だという話になり炎上してしまったと言うことですね。

良い物語が一気にビジネスっぽくなってしまったので、『100日後に死ぬワニ』を見ていたファンからは「冷めた」「余韻が台無し」との声も見られました。

このような事態になり、「仕組まれているのは本意ではない」として翌日にはコラボムービーを手がけた、いきものがかりの水野良樹さんはツイッターで作者のきくちゆうきさんとの対談動画を配信しました。

水野さんは「電通案件とか言われるけど、電通さんは絡んでないです」とうわさを否定。

きくちさんは「僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて盛り上げてくれたことに感謝しかない。裏で大きな組織が動いているんだろうと言われると、悲しいし申し訳ないと思う」と涙ながらに語った。作品連載を始めたのは、友人が事故死した経験から「何があるか分からない中で、限りある時間を大切にしてほしいとのメッセージを伝えたい」との思いだったという。

引用:Yahooニュース

このように、いきものがかりの水野良樹さんや作者のきくちゆうきさんは否定していることから、電通とは関わっていないということですね。

【100日後に死ぬワニ】電通のPRプランナー根本陽平とは?

先ほどの話で、いきものがかりとコラボしたムービーに電通のPRプランナーである根本陽平さんの名前がありましたが、根本陽平さんとはどのような方なのでしょうか。

根本陽平さんは2008年に電通パブリックリレーションズ入社し、PRプランナーとして企業や地方自治体のPRを担当しています。

企業広報戦略研究所の主任研究員でPRに関してはプロです!

企業や大学で講義をしたり様々な賞も受賞していて、かなり凄い方ですね。

  • Global SABRE Awards(「世界のPRプロジェクト50選」)
  • PRWeek Awards Asia(4年連続)
  • IPRA Golden World Awards
  • PRアワード  など

さらには書籍の出版にも関わり、幅広い活動をされているようです。

 


【100日後に死ぬワニ】ステマで人気が上がった?

『100日後に死ぬワニ』については、電通案件とは別でステマ疑惑も出ているそうです。

ステマとは『ステルスマーケティング』の略語で、企業から金銭を受け取っているのに中立的な立場を装って良い口コミや評判を行う行為のことですね。

クラウドソーシングの『ランサーズ』で『100日後に死ぬワニ』についての記事作成依頼が多くあったことから「ランサーズがステマをしているのでは?」という疑惑が浮上してきました。

画像を見るとランサーズがステマをしている訳ではなくて『100日後に死ぬワニ』が流行っているので、それに伴い広告収入で運営しているサイトが記事作成依頼をしているのではないかと思われます。

また、5ch掲示板では作者のきくちゆうきさんがアナ雪のステマ騒動で問題となった漫画家たちが集まるパーティーに出席していて交流があるとの書き込みもありますが、本当かどうかは分かっていません。

【100日後に死ぬワニ】電通案件やステマについてネットの反応

このように、『100日後に死ぬワニ』の電通案件やステマについて賛否両論の意見がネットでは見られました。

漫画の内容がデリケートなものだったので連載終了後の急な展開には読者も「なぜ?」となってしまいますよね。

映画化やグッズ販売するにも、もう少し時間を置いてから発表したほうが良かったのではと思います…。

まとめ

今回は「【100日後に死ぬワニ】電通案件でステマ?PRプランナー根本陽平が関係?」と題して、『100日後に死ぬワニ』は電通案件でステマなのか、PRプランナー根本陽平さんとは誰なのか調べさせていただきました。

『100日後に死ぬワニ』の公式ツイッターを運営している株式会社ベイシカには電通関係者のPRプランナー根本陽平さんの名前がありましたが、いきものがかりの水野良樹さんや作者のきくちゆうきさんは電通とは絡んでいないと否定されています。

また、ステマ疑惑が出たランサーズでの記事作成や5chの書き込みも信ぴょう性は低いと思われますね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)