人物

123☆45読み方は?経歴と解散再結成の理由や持ちネタを調査!

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、サトミです!

最近はテレビを見ていると女芸人さんの活躍が目立ってきていますよね!

2019年12月9日に日本テレビで女芸人No.1を決める番組「THE W」という番組が放送予定となっています。

決勝進出者をパッと見て気になったのが「123☆45」です!

これって一体どのように読むのでしょうか!?

しかも解散したとのウワサもあったりして、どうなってるんですかね?

そこで今回は「123☆45読み方は?経歴と解散再結成の理由や持ちネタを調査!」と題して、123☆45さんの読み方と経歴や解散・再結成の理由について、持ちネタも調査していきたいと思います。

この記事でわかること
  • 123☆45の読み方
  • 123☆45のプロフィールと経歴
  • 123☆45が解散・再結成した理由
  • 123☆45の持ちネタ

123☆45の読み方は?

「123☆45」って普通に「いち、に、さん、よん、ご」と読んでしまいそうですが、読み方は『イズミヨーコ』と読みます!

女性2人で活動されていて、お二人の名前が「イズミ」と「ヨーコ」なので、数字の語呂合わせにしてコンビ名として名付けられたようです。

名前を見ただけだと全然分からないですが、そう言われると「123」でイズミ「45」でヨーコ

なるほど!おもしろいコンビ名ですよね♪

123☆45のプロフィール

こちらの画像では、左がイズミさん、右がヨーコさんと並んでいます。

お二人のプロフィールから見ていきましょう!

名前:イズミ

生年月日:1982年8月28日

年齢:37歳

出身地:岩手県

身長:150㎝

血液型:O型

担当:ボケ

イズミさんは大学卒業後、展示会などのコンパニオンやMCなどを務めて、その後にモデル事務所に2年間所属していました。

しかも中学、高校の国語の教員免許も持っているのだとか!

イズミさん自身の持ちネタに松嶋菜々子さんのモノマネがあります。

今から4年前の2015年の画像ですがイズミさんが松嶋菜々子さんのモノマネをされています!

現在より痩せているように感じますが、可愛いですね!

こう見ると松嶋菜々子さんの雰囲気似てますよね~♪

学校の先生をされていたら生徒からも注目を集めそうです!

 

名前:ヨーコ

生年月日:1979年11月8日

年齢:40歳

出身地:東京都世田谷区

身長:161㎝

血液型:AB型

担当:ツッコミ

おじいさまが青森県出身でイズミさんと同じく東北地方に繋がりがあります。

ヨーコさんも雑誌『FYTTE』の読者モデルなど、モデルの活動もしていたそうです!

SKE48・AKB48の松井珠理奈さんのモノマネが持ちネタとなっています♪

「THE W」の決勝進出者である紺野ぶるまさんと、その他の女芸人で「チームG」というグループを組んで、AKB48メンバーのモノマネもしています。

松井珠理奈さんとのツーショット画像があったので見比べてみると、どっちが本物か分からないぐらいに似ています!

本当にそっくりで分かりませんね(^^;


123☆45の経歴

二人のプロフィールを詳しく見てみると、123☆45のイズミさんとヨーコさんは同じ大学に通われていました!

2002年に和光大学のダンスサークル「BIRD」で知り合い、その後イズミさんからコンビを結成しないかと誘われて、2008年6月に123☆45(イズミヨーコ)を結成します。

その4ヶ月後の2008年10月、お笑いライブなどには出演したこともなくいきなりM-1グランプリにて初めて舞台に立ち、ネタを披露しました。

この時のM-1グランプリは1回戦敗退という結果でしたが、123☆45のお笑い大会の出場成績を見てみると、

  • 第9回M-1グランプリ2009、2回戦進出
  • THE MANZAI2012、2回戦進出
  • キングオブコント2012、準々決勝進出
  • 2014年・第13回漫才新人大賞、決勝進出

新人賞や決勝進出といった経歴も持っていますね!

結成当時の所属事務所は山中企画でしたが2010年5月に辞めて、その後は3年間フリーで活動、2013年4月からグレープカンパニーに所属。

そして、これから活躍が期待されると思われる中、2015年6月30日に解散してしまいます。

123☆45の解散と再結成の理由は?

Twitterでも2015年6月30日の解散日に「7年間ありがとうございました!」とファンに向けてメッセージを投稿していました。

123☆45の解散の理由としては、

  • それぞれ次のステップへ進むため
  • 個々の可能性を追求するため

このようにイズミさんが当時運営していたブログに書いてありました。

解散後、イズミさんは「いずみっくす」という芸名に改名されてピン芸人として活動していましたが、地元に帰りエリアタウン誌のフリーライターや里山管理の仕事をするようになります。

一方、ヨーコさんはマドンナダンサーズとしての活動を続け、振付やバックダンサーも務めていますね。

そして、最近「THE W」に関するツイートを見ると、解散したはずなのに画像にイズミさんとヨーコさんが映っているんです!

実は、イズミさんとヨーコさんは「女芸人No.1決定戦 THE W」に出場するために2019年の4月に再結成していました!

解散からそれぞれに活動してきた4年間でしたが、解散理由にもある通り、逆にそれが良かったのかもしれないですね!

123☆45の持ちネタを調査!

123☆45のコンビとしては、どのような持ちネタがあるのでしょうか?

動画でまとめてみましたのでご覧ください♪

 

イズミさんの東北なまりが印象的ですね!

衣装を変えたり、ボケとツッコミのポジションを交替するなど123☆45の漫才のスタイルには苦労されているようですが、「THE W」ではどのような芸風を披露されるのか楽しみです♪

まとめ

今回は「123☆45読み方は?経歴と解散再結成の理由や持ちネタを調査!」と題して、123☆45さんの読み方、経歴とプロフィールや解散・再結成の理由について、さらに持ちネタも調査させていただきました。

123☆45(イズミヨーコ)のイズミさんもヨーコさんもなかなか特徴的なプロフィールでしたね。

次のステップに進むため、個々の可能性の追求のために解散したとのことですが、その結果4年ぶりにコンビを組んで再始動することになりました!

「THE W」のでも決勝進出を果たし、今後の活躍が期待されますね♪

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)