人物

デーデーブルーノ両親(父母)職業や兄弟と家族構成は?ハーフでイケメン!

男子短距離走に彗星のごとく現れたデーデーブルーノ選手!

東京オリンピックの男子400mで日本代表に選ばれ、名前も珍しいことから注目を集めていますね。

一見、ハーフに見えますが両親はどのような方なのでしょうか?

そこで今回は「デーデーブルーノ両親(父母)職業や兄弟と家族構成は?ハーフでイケメン!」と題して、ハーフでイケメンであるデーデーブルーノ選手の両親(父親・母親)の職業や兄弟はいるのか?家族構成をまとめてみました。

デーデーブルーノの両親(父・母)の職業は?

デーデーブルーノ選手の両親(父親・母親)の職業について調べてみましたが、残念ながら情報は見つかりませんでした。

デーデーブルーノ選手は高校・大学ともに私立学校に通っています。

高校の学費は1年間で約60万円、大学になると約120万円ぐらいなので、ある程度の収入がある仕事をされている可能性が高そうですよね。

デーデーブルーノの両親(父・母)の国籍(出身地)

デーデーブルーノ選手の両親(父親・母親)はどのような方なのか、プロフィールを見ていきましょう!

デーデーブルーノの父親の国籍(出身地)

デーデーブルーノ選手の父親はナイジェリア出身で、名前はデーデー・ピーターさん。

現時点での年齢は56歳だそうで、1965年頃の生まれになります。

デーデーピーターさんはスポーツの経験は全くないそうですが、それでもデーデーブルーノ選手は父親の血を受け継いでいるように思います。

ナイジェリア出身の選手は、速さやジャンプ力など運動能力が高い人が多くて、どのスポーツでも活躍されている方が多いですよね。

デーデーブルーノの母親の国籍(出身地)

デーデーブルーノ選手の母親は日本人で、デーデー・千秋さんです。

年齢は父親のデーデー・ピーターさんと同い年で、スポーツ経験はないそうですね。

また、デーデーブルーノ選手は、幼少期には喘息で入退院を繰り返していたようで「しっかり体調を整えて、自分で納得するまで頑張ってほしい」と息子を気遣う様子が伺えます。


デーデーブルーノの兄弟は?

デーデーブルーノ選手には2歳年上のお兄さんがいます。

お兄さんは陸上選手ではなくてサッカー選手です!

名前:デーデー・アンドリュー

生年月日:1999年12月13日

身長:183cm

体重:75kg

出身大学:東海大学

東海大学在学中にサッカー部を辞めた後、関東リーグである、社会人サッカーリーグ2部のエスペランサSC (エスペランサ エスシー)で現在も活躍していますよ。

ポジションはゴールキーパーですが、やはり身体能力は日本人離れしているようです!

デーデーブルーノの家族構成!

もしかしたら他にも兄弟がいるかもしれませんが、今のところ明かされているのは、お兄さんだけです。

デーデーブルーノ選手の家族構成は、4人家族ですね。

  • 父親
  • 母親
  • 弟(デーデーブルーノ選手)

兄弟そろってスポーツ選手とは、これからも活躍が楽しみですね♪

デーデーブルーノのプロフィールや生い立ち

デーデーブルーノ選手の実家は長野県松本市です。

国籍(出身地)は日本でオリンピックに出場されます(^^)

名前:デーデー・ブルーノ(デーデーブルーノチクワド凌)

国籍:日本

生年月日:1999年10月7日

身長:177㎝

体重:77kg

出身地:長野県松本市

出身小学校:松本市立芳川小学校

出身中学校:松本市立筑摩野中学校

出身高校:創造学園高等学校(現:松本国際高等学校)

大学:東海大学体育学部

好きな言葉:感謝の気持ちと素直な態度

好きなこと:お菓子作り

お菓子作りが好きで高校卒業までは、ケーキ屋さんでバイトがしたいと思っていたり、中学1年生までサンタクロースを信じていたというピュアな一面もあります♪

好きな言葉のとおりに父親と母親から愛情をたっぷり注がれて育てられ、本当に素直なことが感じられますよね!

走りの速さの秘密は食事にもあるようです。

「ほぼほぼ毎日、夕飯は肉とお水代わりに牛乳。家で焼き肉なんかしたときに、2キロぐらいお肉を買ってきたけど1キロをみんなで食べて、残りの1キロをブルーノが食べた」

引用:Yahooニュース

ほぼ毎日、夕食はお肉(1kg以上)と牛乳を食べる!

アスリートにとって、お肉は重要なタンパク源になります。

身長・体重の情報からもかなりがっちりとした体格なので、しっかり食べてトレーニングもしているようですね。

デーデーブルーノの経歴は?

お兄さんの影響で小学校2年生からサッカーを始めます。

ポジションはサイドバック!

サッカー強豪校である創造学園高校(現 松本国際高校)でもサッカー部に入部しますが、技術が伸び悩み1年生の秋頃に退部してしまいます。

それから放課後は、ハンバーグ屋さんでバイトをしていたそうですが…。

高校2年生になり友人が陸上部に誘ってくれたことで入部します。

デーデーブルーノ選手は、サッカーを経験していたため足が速く、小中学校を通じてリレーの選手に選ばれる実力の持ち主でした。

意外にも人見知りな性格だそうですが、個人競技ならデーデーブルーノ選手の身体能力をいかせるだろうと思ったようですね!

陸上競技に関しては、素人で基本を1年生からも教えてもらっていたとか。

それでも素直に聞き入れ努力することで、陸上競技を始めてから1年後の高校3年生では10.74をマークし、全国高校総体100mでは5位入賞という成績を収めます。

創造学園高校(現 松本国際高校)を卒業後は、陸上の名門校である東海大学に進学。

監督からも「9秒台で走れる選手になれる」と期待され、好成績を残しています。

  • 2019年 ユニバーシアード夏季大会100m 準決勝進出
  • 2019年 ユニバーシアード夏季大会400mリレー 金メダル(アンカー)
  • 2020年 日本学生対校選手権100m 2位
  • 2021年 日本陸上競技選手権大会 2位

しかし、2019年の日本選手権100mでサニブラウン選手に圧倒的な実力の差でボロ負けし挫折しかけたこともあったとか。

2021年6月の学生個人選手権 100mで初優勝を果たし、陸上を始めてまだ5年という驚異の速さで東京オリンピックの陸上男子400mリレーの代表に内定!

デーデーブルーノ選手、実は東京オリンピックではなく、その先のパリ五輪を目指していたそうですね。

陸上の経験がないデーデーブルーノ選手でしたが、周りの仲間の支えや日々の練習の成果が実を結びました!

デーデーブルーノ選手についてネットの反応は?

デーデーブルーノ選手について、陸上競技歴が5年ということに驚いている人が多くいました!

カッコイイのですが、人柄の良さとお菓子作りが趣味というところが「可愛い!」というコメントもありますね。

まとめ

今回は「デーデーブルーノ両親(父母)職業や兄弟と家族構成は?ハーフでイケメン!」と題して、ハーフでイケメンであるデーデーブルーノ選手の両親(父親・母親)の職業や兄弟はいるのか?家族構成をまとめてみました。

お兄さんの影響でサッカーをはじめてからの陸上競技への転身で見事、東京オリンピック代表への切符を手にしたデーデーブルーノ選手!

温かい家族に見守られ今後も活躍すること間違いなしでしょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)