生活

ハンドソープを水で薄めると雑菌が増える?節約して使う方法は?

この記事は約2分で読めます。

最近、ハンドソープの需要が大きく、スーパーやドラッグストアに買いに行っても売り切れていることが多いですね。

今、家にあるハンドソープの残りを水で薄めて使うか考えましたが、逆に雑菌が増えてしまわないか心配です。

ハンドソープを節約して使う方法はないでしょうか?

そこで今回は「ハンドソープを水で薄めると雑菌が増える?節約して使う方法は?」と題して、ハンドソープを水で薄めると雑菌が増えてしまうのか、節約して使う方法はあるのかを調べていきたいと思います。

ハンドソープを水で薄めると雑菌が増える?

ハンドソープを薄めるとなると最初に思いつくのが水道水で薄めるという方法ですよね。

しかし、ハンドソープは殺菌された水を使って作られていますので、水道水で薄めてしまうと雑菌が増えてしまったり、分離してしまうことがあるのでおすすめしません。

 

これらハンドソープや台所用洗剤などの製品はいずれも、水で薄めて放置すると、分離しやすくなる性質があります。また、菌の繁殖による異臭・変質など、思わぬトラブルの原因になります。
どの製品も、製品記載の注意事項をよくお読みになり、薄めて保管することは避けてください。

(注:指定割合で希釈して使用/保管できる製品も一部にはありますが、希釈液に変色・にごり・異臭がある場合は、使用を控えてください。)

引用:日本石鹸洗剤工業会 

実際にハンドソープを水で薄めて使っていたらボトルの中にカビが生えていたという方もいます。

水道水の主な成分を見てみると、

  • カルシウム
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 塩素
  • トリハロメタン

家庭などで蛇口をひねれば出てくる水道水は、日本の厳格な安全基準によって水質チェックされていますが、いろいろな成分が含まれていますね。

ハンドソープのボトルをよく見てみると「水が残っていると雑菌が発生する可能性があります」や「他製品を入れ替えないでください」と書いてあるボトルがほとんどです。

また、業務用の希釈タイプのハンドソープには「水で○倍に薄めてください」と書いてあるものが多いですが、常時使用するために数日で使い切ることができれば水で薄めても問題ないと思われます。

ハンドソープを節約して使う方法は?

ハンドソープを水道水で薄めて使うと雑菌が繁殖してしまって、そのまま使うとカビまで生えてしまって手洗いも逆効果ですよね。

そこで、水道水を沸騰させただけでなく、水道水に含まれる塩素やミネラルなどの不純物を一切取り除いた「精製水」を使用すると良いですよ。

最近では手作り化粧水を作ったり、フェイスパックなどスキンケアアイテムとして精製水を使っている方もいますよね。

液体のハンドソープを半分ぐらい精製水で薄めてそのまま使うこともできます。

泡のハンドソープのボトルに入れる場合は、液体のハンドソープを精製水で約3倍にして薄めて、ハンドソープ容器に入れると泡で出てきます!

薄めた時にハンドソープが下に沈殿してしまうことがあるので、容器をよく振ってから使うことをおすすめします。

精製水は不純物を取り除いた純水ですが、薄めたあとはなるべく早く使い切りましょう。

外出先でハンドソープがないときに携帯用で持ち歩けるボトルに入れておくと便利ですね!


まとめ

今回は「ハンドソープを水で薄めると雑菌が増える?節約して使う方法は?」と題して、ハンドソープを水で薄めると雑菌が増えてしまうのか、節約して使う方法はあるのかを調べさせていただきました。

水道水はいろいろな成分が含まれている為、ハンドソープを薄めてしまうと雑菌が繁殖しやすいですね。

薄めるなら精製水を使って、なるべく早く使い切れる量を作って節約しましょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ハンドソープとボディソープは同じもの?違いや代替品を調査!最近はマスクのみならずハンドソープまで品薄になってきていて、薬局に行くとハンドソープが売り切れていることがあります。 感染予防には...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)