ジャニーズ

嵐の配信曲デジタルEPとは?シングルやアルバムとの違いを調査!

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、サトミです!

またまた嵐の曲がデジタル配信されますね!

今回リリースされる『Reborn Vol.1』ですが、シングル曲やアルバム曲でもなく、デジタルEPと位置づけられています。

デジタルEPって聞きなれない言葉ですよね。一体どのようなものなんでしょうか?

そこで今回は「嵐の配信曲デジタルEPとは?シングルやアルバムとの違いを調査!」と題して、嵐のニューリリースされるデジタルEPについて、シングルやアルバムとの違いを調べていきたいと思います。

嵐の配信曲デジタルEPとは?

昨年12⽉にRebornシリーズの第⼀弾として『A-RA-SHI : Reborn』が配信されていましたね。

第一弾だったのでこれは何曲か続くだろうと思っていたのですが、今回のリリースでは新たにリプロダクションした『a Day in Our Life : Reborn』と『One Love : Reborn』の2曲を含めた合計3曲が『Reborn Vol.1』として配信されます!

『Reborn Vol.1』

【配信日】
2020年2月28日(金)0:00より各配信サービスにて順次配信開始

【収録曲】
1.A-RA-SHI : Reborn
2.a Day in Our Life : Reborn
3.One Love : Reborn

収録曲は3曲で、どちらかと言えばシングルの括りになるのでは?と思いますよね。

リプロダクションは『A-RA-SHI : Reborn』と同じ方が担当されていて、今回はどのような感じに仕上がっているのか楽しみです♪

『a Day in Our Life』は大野さんは記憶がなくなるぐらい大変だったと言ってましたが、どのように大変だったのでしょうか(^^;

ラップ詞も書き換えたようで、また『A-RA-SHI : Reborn』みたいに全部英語で歌っていて、所々ラップ詞が変わっているのかな。

また2月28日には、新曲2曲のリリックビデオも嵐YouTube公式チャンネルで公開されますね!

嵐の配信曲デジタルEPとシングルやアルバムとの違いは?

デジタルEPの「EP」とは「Extended Play」を省略した言葉になります。

元々はレコードの時代に使われていた言葉で、「ドーナツ盤」とも呼ばれていました。

シングル盤より収録時間が少し長いレコードの事で、今はCDの時代になりましたが「EP」という呼び名は残りました。

だいたい3〜5曲ぐらいの曲が収録されたもので、シングルと呼ぶには多く、アルバムと呼ぶには少ない程度の曲数が収録された作品を示す言葉として使われていますが、明確な定義というものはありません。

同じような言葉で「ミニアルバム」や「マキシシングル」もありますがこちらも同様です。

曲の長さで言うと、

  • シングル
    1~2曲で1曲の長さがそれぞれ10分未満のもの
  • アルバム
    6曲以上で合計演奏時間が30分を超えるもの
  • EP
    1〜3曲と見なされ、その中の1曲の長さが少なくとも10分、合計演奏時間が30分以下のもの。またはEPは4〜6曲とみなされ、合計演奏時間は30分以内のもの

収録曲が少なく、合計演奏時間が30分いないのものをEPとするようですね!


嵐の配信曲デジタルEPについてネットの反応

このように、嵐のデジタルEP『Reborn Vol.1』についてコメントをしている方がいました!

「EP」という聞きなれなれない単語に「EPって何?」という声がたくさんありましたね。

最近のデジタル配信も嬉しいけれど、ファンとしてはCD発売してほしいという希望もありますね。

テレビリモコン
嵐ネットフリックス(ネトフリ)次回配信日と終了日は?ダウンロードできる?こんにちは、サトミです! 嵐の活動休止までの姿を追うオリジナルドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』が...

まとめ

今回は「嵐の配信曲デジタルEPとは?シングルやアルバムとの違いを調査!」と題して、嵐のニューリリースされるデジタルEPについて、シングルやアルバムとの違いを調べさせていただきました。

「EP」とは明確な定義はありませんが、シングルよりも長くてアルバムよりも短い収録曲のことを指すそうです。

今後どのような曲がRebornシリーズになっていくのかも楽しみですね♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)