生活

台風21号進路予想・米軍ヨーロッパ最新情報は?日本いつ上陸?

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、サトミです!

先日の台風19号では日本各地に甚大な被害を及ぼしました。

被害があった地域では、まだまだ元の状態に戻るまで時間がかかるというニュースも報道されていますね。

一日でも早く復旧がされることを祈るばかりですが、そんな中また次なる台風21号が発生して日本に向かってくるかもしれないとウワサされています。

そこで今回は「台風21号進路予想・米軍ヨーロッパ最新情報は?日本いつ上陸?」と題して、台風21号の進路予想を米軍とヨーロッパの最新情報や気象庁の発表をもとに日本にはいつ上陸するのかについてまとめていきたいと思います。

台風21号の進路予想は?

現在台風20号も発生していて、ここにきてまさかのダブル台風が発生しているという状況になっています。

台風20号は22日ごろには温帯低気圧になる見込みですが、台風から温帯低気圧になったからといって油断はできません。

今後の台風の動きによっては20号と21号が重なってしまう可能性もあります!

そうなると勢力は非常に強くなると予想されますし、10月22日は天皇の即位儀式の日でもありますので、こちらも台風の影響が心配されます。

台風21号|米軍ヨーロッパ最新情報は?

米軍、ヨーロッパ予報とそれぞれ最新情報どのようになっているでしょうか?

さっそく見てみましょう!

台風21号|米軍の最新情報

まず米軍の最新予報を見てみましょう!

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

10月20日現在の米軍台風予報ですが、台風20号と台風21号の渦ができていることが確認できます。

台風21号|ヨーロッパ中長期予報センターの最新情報

そして台風と言えばヨーロッパ中長期予報センター(ECMWF)の情報がかなり先の台風最新進路まで見ることができるので、よく天気予報でも使われていますよね!

ヨーロッパ予報の最新進路予想図を元に東アジア全体のヨーロッパ予想の最新進路や動きを見てみましょう!

こちらの予報は現在から10日間の予報が見れるようになっています。

台風20号は20日ごろに温帯低気圧になっているようで、その後21号が北上してきますが日本を逸れていっているのが分かります。

台風21号|アメリカ海洋大気庁の最新情報

続いて、NOAA(アメリカ海洋大気庁)が、GFS(Global Forecast System)と呼ばれる全球モデルの数値予報を公開しているので確認してみると…。

引用:https://weather.time-j.net/Gfs

2019年10月22日には、台風20号が九州付近に接近してるようです。

南の海上では台風21号が写っていますが、この時点で台風の中心気圧が1002hPaまで下がってきています!

数値予報は天気予報を作成するための基礎資料であり、天気予報ではありませんが、こちらを見ると台風が重なることはないのかなと思います。


台風21号は日本にいつ上陸する?

予報を見てみると台風21号がもし日本寄りのコースを通った場合、26日ごろに接近か上陸するのではないでしょうか?

まだ進路がほとんど定まってないので何とも言えませんが、ヨーロッパ予報のように日本から逸れていってほしいですね…。

台風20号についてSNSの反応

このように、台風21号について「また次台風が直撃したら日本がヤバい」という声がたくさんありました。

台風20ができた時は、あまり発達しないですぐ消えるだろうという予想でしたが、未だに残っているのも最悪ですね。

台風20号は本州に近づく前に消えてほしいです!

まとめ

今回は「台風21号進路予想・米軍ヨーロッパ最新情報は?日本いつ上陸?」と題して、台風21号の進路予想を米軍とヨーロッパの最新情報や気象庁の発表をもとに日本にはいつ上陸するのかをまとめさせていただきました。

本当に今年の天気はどうなっているんでしょう…

台風20も日本へ大きく進路を変えたと聞いたかと思えば、台風21も日本に来るとか。

台風19号が去ってどこもかしこも消耗してる中で、ここまで追い討ちをかけてくるなんてありえません。

また、今後の気象情報には注意して見ていきましょう!

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)