ドラマ

『となりのチカラ』第7話のロケ地!実家や焼き鳥店の撮影場所は?

これまで中越チカラ(松本潤)は、同じマンションに住む人たちの問題を次々と解決してきました。

しかし、妻の中越灯(上戸彩)が突然実家に帰ってしまい、また問題が出てきます。

新しく出てきた灯の実家や焼き鳥店など、ロケ地や撮影場所が気になりますね!

そこで今回は「となりのチカラ第7話のロケ地!実家や焼き鳥店の撮影場所は?」と題して、『となりのチカラ』第7話のロケ地・撮影場所をまとめてみました。

『となりのチカラ』第7話のロケ地・撮影場所

\U-NEXTで配信中!/

となりのチカラを今すぐ見る

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

中越灯の実家

中越灯の実家はドラマでは光命寺というお寺となっています。

中越チカラが会いに行った実家は、神奈川県横浜市にある『大蔵寺』で撮影されています。

大蔵寺

所在地:神奈川県横浜市緑区中山町3丁目29

「胸に手を当てて考えてみたら?」と言い残し中越灯は実家に帰ってしまいましたね。

子供たちも両親が別れてしまわないか心配しています。

焼鳥店

中越チカラが上条知樹(清水尋也)と出会った焼鳥店は、東京都目黒区にある『串若丸 本店』です。

串若丸 本店

所在地:東京都目黒区上目黒1丁目19-2

最寄り駅:東京メトロの中目黒駅

達代が働いていた店

中越灯が店長であり、紹介で木次達代(映美くらら)が働いていた店は、神奈川県横浜市にある『SUMINO』がロケ地となっています。

SUMINO

所在地:神奈川県横浜市中区元町5丁目205

レストラン

中越チカラが中越灯の話を聞いたレストランは、埼玉県和光市にある『ココス和光店』が撮影場所となっています。

ココス和光店

所在地:埼玉県和光市白子1-15

最寄り駅:東京メトロ有楽町線/東京メトロ副都心線の地下鉄成増駅

中越家のマンションの外観

中越家が引っ越してきた東京郊外のマンションとなる外観は、東京都稲城市にある『多摩ニュータウン長峰』が撮影場所となっています。

近くには『風の広場公園』という大きな公園がありますね。

おそらくマンションの中は別のところで撮影していると思われます。

出版社のオフィス

本間奏人(勝地涼)が編集者をしている出版社のオフィスは、東京都港区にある『株式会社Legaseedが撮影場所となっています。

株式会社Legaseed

所在地:東京都港区港南2丁目16-3
品川グランドセントラルタワ24階

最寄り駅:JR山手線の品川駅

『となりのチカラ』第7話の撮影協力一覧

エンドロールで流れた撮影協力一覧です。

  • DAY NITE
  • 稲城ロケーションサービス
  • 結城市
  • (公財)いなぎグリーンウェルネス財団
  • Legaseed
  • PORTLAND
  • MOTOMACHI
  • SUMINO
  • Hampstead
  • ココス
  • 般若山大蔵寺
  • アートネイチャー
  • インカム


まとめ

今回は「となりのチカラ第7話のロケ地!実家や焼き鳥店の撮影場所は?」と題して、『となりのチカラ』第7話のロケ地・撮影場所をまとめてみました。

次回の放送は拡大スペシャルですね!

ロケ地巡りの参考にしていただければ幸いです♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!